茨城県 スズキ 軽自動車 自動車 車検 整備 販売 龍ヶ崎市 鈑金 小林モータース

おすすめ新車情報

おすすめ新車情報のご案内。

これはドライブが好きな人にはマジでお勧めです!!!!

試乗車両
スイフトスポーツ スノーホワイトパール FF CVT

swift スウィフトスポーツ

とある5月の曇りの日、スズキの好意により、1日車を借りられることになった、今回はスイフトスポーツ!!
前から乗ってみたかった車です、ホームページ用の動画や写真の撮影も兼ねての拝借

と言うことで、朝から車を借り、洗車しながら考えた・・・せっかくスイフトスポーツ借りたんだから、楽しめるところで乗りたいなと・・・楽しめる=ちょっと無茶する(笑)には・・・
そうだ、近所に良い所があるじゃないか~、筑波山に行くべ♪ 久々の筑波山の山道なら楽しそうだど~♪
相変わらず俺の発想は単純(笑)


早速HP業者の先輩に電話し、午後一番で筑波山に行こうと伝え、昼飯食って出発♪ 
もう久々にワクワク(笑)←バカですね


筑波山までの道中は街乗りになるわけですが、ここで思わぬ感動♪


し・・静か・・・なんだこれ? 
50~60km/h走行でタコメーターは1200~1400rpm位、室内に嫌なロードノイズやエンジン音が入ってこない、エンジンの回転数が低いせいもあってかマフラーの音も至って静か。
自分のZC71スイフトよりも室内が静かで、助手席の先輩との会話も小声で済むぐらい、これは驚いた!!
特筆すべきはロードノイズの少なさ、エンジンが静かでも他の車外からのノイズが多く入ってきては静かとはいえない、スイフトスポーツは静か、自分の乗っているスイフトよりもかなり静か、これは良い意味で裏切られました、スポーツモデルはタイヤもでかいし薄いし、うるさいだろうなと予想していたのでびっくり!!


感動しつつ、筑波山の麓のコンビニで走行動画を取るためのカメラ取り付けながらお茶休憩
先輩が筑波山の山道を走る動画をかなり盛ったスピードに変換してくれるそうなので、スピード感出ると思います(笑)

早速いつものルートで筑波山に登り始める
最初はいたってのんびり、筑波山神社までCVTノーマルモードで上がって行く、いたって普通のオートマモードです。
エンジンがまたいい感じでトルクがあって、車重も軽いから気持ちよく登る登る♪
ちょっと踏み込んでいくと、エンジン音が変わった、3000rpmぐらいから、マフラーの音がちょっと気持ち良い音に変わる、そして踏み込んだ分ちゃんと車を加速させてくれる。


この踏み込んだ分というのが俺にとってはすごく大事で、職業柄、お客さんの様々な車を乗る機会も多く、自分の車好きの趣向もあって自分自身の所有車(会社の在庫の中古車含む)も色々乗りましたが、アクセルを踏む量に対して、自分のイメージしやすい加速感が得られる車は少ないです。ヨーロッパ車の一部に良い感じの車はありました。
しかし、踏んだ分より出てしまう車が国産車には多く、アクセル操作がしづらいんです・・・
この踏んだ分より出てしまうと言う感覚はなかなか文章ではお伝えしづらいんですが、国産車に多いのが、アクセルの踏み始めの部分は踏んだ分よりも加速してしまい(=出過ぎちゃう)アクセルの中間ぐらいからは踏んだ分よりも加速しない(=ついてきてない感じ)傾向が強くて、なんだかなぁ~といつも思っていたのです。
特にこの傾向はファミリーカーに多く、運転しづらい感じをいつも受けてました。


※エンジンの特性とギア比の設定、オートマの制御プログラムと、最近では昔のようなアクセルペダルからエンジンまでをケーブルでつなぐものでは無く、フライバイワイヤー(アクセルの動きを電気信号で読み取り、スロットルバルブを電気的に動かす制御)をアクセルコントロールに採用している車も多いので、この辺の総合的なセッティングでアクセルに対する車の反応って変わります。
フライバイワイヤーならアクセルの動きとスロットルバルブの動きをユーザーの好みで調整できる機能があってもいいと思うのは俺だけですかね?


話は戻って、スイフトスポーツのアクセルに対するエンジンの反応とノーマルモードでのCVTコントロールは、すごく素直で、運転しやすい、リニアに反応してくれる感じが楽しい、このときの気持ちを表すならば・・・


き・・気持ちいい~♪ ←バカです(笑)


このリニア感はすごく大事で、エコ運転するときもすごく生きてきます。
必要な分だけ加速させ、巡航速度にうまく乗せたら、アクセルを戻し気味で巡航速度を維持する、これがエコ運転の原則なんですけど、アクセルの踏み始めの部分で出すぎてしまうと、エンジンの回転を思ったより上げすぎてしまって、燃費にはあまり良くないです、そして、微妙なアクセル操作の幅が無いので、ちょっと踏んだ後はエンジンがついてこない感じがするので思わず踏み足してしまう、さらに燃費を悪くする悪循環に簡単にはまってしまいます。
長くなってしまうので、エコ運転に関しては近いうちに詳しく書こうと思いますので乞うご期待!??


さて、筑波山神社の駐車場でイメージ撮影も済ませて、いよいよお楽しみの時間です(笑)
借り物なので無茶苦茶はできませんが、それなりに(笑)


いつものお楽しみルートをCVTのマニュアルモードでパドルシフトなんぞを使って走ってみたら・・・


楽しい~~~~~~~~♪
音も良い~~~~~~~♪
曲がる~~~~~~~~♪


完全に仕事忘れて楽しくなっちゃいました(笑)

こんな文章じゃ伝わりませんね、で、まじめに書くと、
筑波山神社まで流してたときにも感じてたんですが、とにかく足回りが良い、ロールの制御が秀逸で、流してても十分恩恵にあずかれますが、ちょっと遊び始めてからさらに感動、ロール感が少なくて、それでいて硬すぎる感じではなく、しなやかに路面と車体をつないでいてくれる、それでもって運転手に余裕を作り出してくれる感じ。
楽しくドライブを楽しむならこれ以上いらないです(キッパリ!!)
車高もこのままで十分、低くする必要も無いでしょう、筑波山のとある場所のうねうねもバランスがいいのか、余裕でクリアします、それでもって、よく曲がる♪
タイヤサイズもサスペンションの設定と良いバランス出てるんでしょうね、ハンドル操作にリニアに反応してくれる
癖が無くて、久々にここを走ってる俺でも良い感じで走れちゃう、山道が楽しい。
運転が上手くなったような気分にさせてくれます(笑)


ちょっとエンジンに気合を入れると、音が変わって、これまた気持ち良い音を聴かせてくれる♪
5000prmから上を使いながら、山道走ってると、この上なく楽しい、完全にはまっちゃいました♪(←バカ)


下りもちょっと遊んでみましたが、リアの接地感が弱く感じるようなことは無く、普通に下ってこれました、前傾になる分ちょっとリアが軽い感じる事もありましたけど、ちょっとスライドするような時でもでもぬるぬるした接地感で走ります、唐突な動きは極めて少なくて、このぬるぬる感も楽しいです、所詮俺の腕ですけどね(笑)


ブレーキもかなり良質な感じです、踏んだ分をきちんと減速してくれる感じで、ノーマルのブレーキでこんな感触の良い車に久々に乗りました、ちょっと踏んだときといっぱい踏んだときの反応がちゃんとリニアな感じがしてるんです、このちゃんとしてる車が以外に少ないので、スイフトスポーツ貴重な車ですね。


あまりに楽しすぎて、調子に乗って走ってみましたけど、サスペンションもエンジンも気持ち良い、この車はドライブ好き、それも運転を楽しみたい人には最高の車です。常識の範囲で山道を走り回ったりする分にはノーマルのままで十分と言うか、有り余るぐらい楽しく走れちゃいます♪
あまりにも楽しすぎてついつい走りすぎました(笑)


スズキに感謝!!


デメリットもきちんとありますよ(笑)
ガソリンがハイオク指定ということ!!
昨今のガソリン高の中、1L160円台後半のハイオク・・・、それに、楽しく走った代償は、1L当たり10km切る燃費・・・(笑)
まぁ、普段乗りはエコ運転を心がければ12~3km/lぐらいの燃費は出せるみたいなので、普段使いでもそんなに悲惨な燃費ではないのかも、うちのZC71のスイフト1.2L XGLでも、頑張って14~15km/lでいっぱいいっぱいだし、走りの性能を考えれば一昔前のちょっとしたスポーツ車より相当燃費いいと思います。


エコカー系の車ではここまで運転が楽しくなる車は今まで無いので、普段使いとドライブの楽しみと両方を考えたら、1台で楽しめる分ハイオク指定のデメリットを差し引いても十分お釣が出るかもしれません。


この車なら、いつもの通勤もちょっと楽しく走れたりもするかな♪


ハスラーも欲しくなっちゃったけど、スイフトスポーツも欲しくなっちゃいました、これ買いたいとか言ったら・・・モゴモゴ・・・・


2014年5月末現在、龍ヶ崎のスズキディーラーに試乗車があります、乗ってみたい方はご連絡ください♪


2014年5月末のちょっと暑い日にくま店長記